オリエンタルモーター株式会社のグループ会社 / FA装置の駆動部品を扱う商社です

スピードコントロールモータ

ACモータに速度フィードバック用レートジェネレータを搭載し、専用回路と組み合わせる事で、無調整で簡単に速度制御を可能にした商品です。⋙商品ページ

ACスピードコントロールモータの原理と構造→

概要

インダクションモータやレバーシブルモータに、速度検出用のレートジェネレータ(交流発電機)を組み付けたモータが、ACスピードコントロールモータです。専用の制御回路(スピードコントローラ)と組み合わせて、速度を変えることができます。 豊富なラインアップを取り揃え、ACモータ感覚で手軽にお使いいただけます。

ダイヤルで速度を簡単設定できるUS2シリーズ と PLCとの組合せで豊富な機能を持つデジタル設定のDSCシリーズがあります。

その他、速度制御モータのラインアップはこちら⋙

システム構成
速度を検出するためのレートジェネレータ(交流発電機)を組み付けたモータと、スピードコントローラ(制御回路)を組み合わせて駆動します。 速度設定器や外部直流電圧などを利用して、モータの回転速度を設定します。

ACスピードコントロールモーターのシステム構成

構造
ACスピードコントロールモータは、モータ後部にレートジェネレータ(交流発電機)を組み付けています。 レートジェネレータからのフィードバック信号と、設定速度をスピードコントローラで比較し、モータの回転速度を調整します。

ACスピードコントロールモーターの構造

制御ブロック図
スピードコントローラの速度制御部では、モータに組み付けたレートジェネレータからの速度フィードバック信号と、速度設定器などで設定された速度指令信号を比較します。 この比較結果を電圧制御部に送ります。電圧制御部では、モータに印加する電圧を調整し、モータの回転速度を制御します。

ACスピードコントロールモーターの制御ブロック図

回転速度ートルク特性
ACスピードコントロールモータは、下図のように使用限界線(①)の下側であれば、定格運転※ができます。 設定した回転速度に対して負荷トルクが変化すると、速度も変化します。各設定速度に対する速度の変化は、特性図内の縦の線(②)で表します。 ※ インダクションモータは連続定格、レバーシブルモータは30分定格です。 

ACスピードコントロールモーターの回転速度-トルク特性

ダイヤル速度設定のUS2シリーズ と デジタル設定のDSCシリーズ それぞれの商品ページに移動します。

製品資料/関連情報
製品情報

ページトップへ