オリエンタルモーター株式会社のグループ会社
FA装置の駆動部品を扱う商社です

湿度と腐食速度の関係/温度と湿度の関係について

湿度と腐食速度の関係

下図データは、金属上の吸着水量および金属の腐食速度と相対湿度の関係を表したものです。
相対湿度65%以上になると水の吸着量が急激に増加し、この領域以上で腐食速度も急速に増加していることがわかります。

温度と湿度の関係について

湿度は蒸気圧表から求めることが可能で、例えば下の図から、日中稼働している装置内が50℃-10%と仮定すると、停止時に10℃まで低下した場合、湿度が100%に達します。同様に20℃を下回ると、相対湿度が60%を超え、腐食速度が増加することがわかります。また、キャビネット内の温度を上げると圧力が若干高くなるため、水滴やホコリが侵入しにくいという利点もあります。

ページトップへ