オリエンタルモーター株式会社のグループ会社 / FA装置の駆動部品を扱う商社です

No.7 結露・湿度から守る!ヒーターの活用法



結露状態を含む高湿度環境は金属の腐食を促進し、機器トラブルの要因となります。
  鉄は湿度50%、銅やコバルトは湿度60%を超えると腐食速度が急加速します
ここでは、ヒーターを使い、低コストで構築できる湿度のコントロール方法を
ご紹介致します。
動画は   
こちら  
 

結露は何故おこる?

「結露」の発生するメカニズムを考える場合、まず結露のもとになる「水蒸気」についての理解が必要になります。

ダミーイメージ

空気は高い温度の時ほど多く水蒸気を含むことができます。
それぞれの温度で含む事の出来る最大の水分量を飽和水蒸気量
といい、この飽和水蒸気量に対して、それぞれの温度で実際に
存在する水蒸気の割合を相対湿度と言います。
【結露発生のメカニズム】
例えば、日中の制御盤内の温度が25℃、相対湿度65%だったと
します。深夜、盤内の温度が5℃まで下がったとすると、5℃の
飽和水蒸気量は6.81g/m3なので、差し引き8.19g/m3が水蒸気
として空気中に存在する事が出来ず、結露となります。
25℃(湿度65%)5℃(湿度100%)結露発生!
                                         水蒸気量:15g/m3         水蒸気量:6.81g/m3 + 結露:8.19g/m3

結露・高湿度対策

温度低下による盤内の相対湿度上昇、最終的に相対湿度が100%を超えると結露が起こります。「ヒーターで盤内の温度をコントロールする」事は
「ヒーターで盤内の相対湿度をコントロールする」 事になりますので、結露対策または高湿度対策として有効な手段です。

「盤内の相対湿度を_%以下に保つ」      湿度スイッチをWEBショップで購入: 01220.0-00(価格:\10,200)

湿度スイッチを使う事で、盤内の湿度にあわせてヒーターやファンを制御し
相対湿度をコントロールする事が出来ます。湿度の設定はお客様の環境に
合わせて、35~95%の間で自由に設定する事が出来ます。盤内の湿度が設定
した湿度に達するとヒーターをON、湿度が設定値から約4%下がるとヒーター
をOFFします。また、一台の湿度スイッチでファンとヒーターを併用する事も
可能です。この場合、ヒーターとファンは排他制御となります。
必要な時にだけ、ヒーターをONし、湿度が下がるとヒーターをOFFしますので
省エネにも貢献します。

「盤内の温度を一定以上に保つ」        温度スイッチをWEBショップで購入: AX2-XB1(価格:¥2,500)

温度スイッチを使う事で、盤内の温度にあわせてヒーターを制御、寒暖差による
結露対策や高湿度対策を行う事が出来ます。 温度の設定は-35℃~80℃の間で
自由に設定する事が出来ます。ヒーター用の温度スイッチは、盤内の温度が設定
温度まで上昇するとヒーターをOFF、温度が4℃下がると、再びヒーターをON
します。(NC接点)
必要な時にだけ、ヒーターをONし、設定温度以上ではヒーターをOFFしています
ので省エネにも貢献します。


これら湿度スイッチや温度スイッチと一緒にご使用頂くヒーターを、8W~400Wまで幅広くご用意しております。

ヒーター ラインアップ                     WEBショップでヒーターを購入(価格:\3,310~)

【お勧めヒーター】PTCサーミスタを発熱体に使用したヒーター

ダミーイメージ

CSK060(10W/20W) CS060シリーズ(50W/100W/150W)
樹脂ケースでヒーターを覆い更に安全性を高めたヒーターです。(二重絶縁構造、表面温度も85℃以下:周囲温度25℃時)
・ヒーター出力:10W/20W/50W/100W/150W
・電源:100-120V AC/DC, 120-240V AC/DC

PTCとは英語(Positive Temperature Coefficient=正温度係数)の頭文字をとったもので、 温度が高くなると電気抵抗値が正の数の係数だけ
変化する特性の事をいいます。 温度が低い時は伝導性粒子の連鎖が連なって電流が流れやすく(抵抗値:小)、温度が高くなると半導体粒子
(マトリックス)が膨張し、伝導性粒子の連鎖を断ち切り、電流を流しにくく(抵抗値:大)なります。 この特性を利用したPTCヒーターは
低温時に発熱量が高くなり、高温時には発熱量が、上がらないため、省エネ性や安全性などに優れたヒータです。
  

 

ページトップへ