オリエンタルモーター株式会社のグループ会社 / FA装置の駆動部品を扱う商社です

お問い合わせはこちらお見積り・ご注文・技術的な内容など

No.15 2相ステッピングモータPKPシリーズ高トルクタイプ登場!新構造×小型モーターでトルク75%アップ!

オリエンタルモーターの2相ステッピングモータに高トルクタイプが発売!
新技術が詰まった、従来の高トルクをさらに上回る業界最高のトルクを発揮します。

・新構造:トルクアップを図るため、ロータ(回転子)、ステータ(巻線)の小歯の間に永久磁石を埋め込み
・高トルク:同サイズの1.7倍のトルクを発揮(当社PKP244タイプ比)
・ワンサイズ上のPKP245タイプに対して1.3倍のトルクを発揮
・高応答:位置決め時間 26%の短縮(移動量180deg回転に対して0.087秒で位置決め運転が可能)
・高許容ラジアル荷重:高トルクに対応するためシャフト径を太くしました。ボールベアリングが大きくなり、ベルト・プーリのテンションを高くできます。

高トルクタイプモータ「型式:PKP244PD23A2」の特徴 

新構造×小型モータ

ステッピングモータは大きく分けてステータ(固定子)とロータ(回転子)の2つの部品から構成されています。 それぞれには小歯を持つ磁極があります。
ロータの外周には50枚の小歯があり、ステータの内周は40枚の小歯があり、その一つ一つの小歯に永久磁石を挿入しました。

     

   

小歯に埋め込まれた永久磁石が生み出す高トルク

ロータとステータの小歯間に永久磁石を挿入したことで、小歯先端の磁束密度が増加するため、より効率的にトルクを発生できる構造のため、標準タイプに比べて大幅にトルクアップしました。高トルクを生かして、モータ長の短縮や一回り小さい取付角寸法をご検討いただけます。

      

 PKP244標準タイプと比べ 75%のトルクアップ、またPKP245標準タイプからL寸が短くなっても 27%のトルクアップです。またPKP244高トルクタイプは、型番を大きくしたPKP264標準タイプと比べても 13%のトルクアップ、質量も120g軽くすることができます。4台使いでおよそ480gもの軽量化を可能にします。

高応答モータ

小歯に永久磁石を挿入したことから先端の磁束密度が増加するため、より効率的にトルクを発生できる構造になっています。
同等サイズのPKP標準モータに比べて応答性が向上し、位置決め時間 26%の短縮(移動量180deg回転に対して0.087秒で位置決め運転完了)タクトタイムの短縮に貢献できます。

<用途例> 高速ピッチ送り

電子部品のフィーダに、短距離を超高速で部品搬送。短距離の位置決め時間を短縮することで、工程時間を短縮できます。高トルクに対応するため、モータシャフト径をΦ8mmに太くしています。ベアリングが大きくなった分、ラジアル荷重が標準タイプより2.2倍(130N シャフト先端から10mm)ですので、ベルト・プーリのテンションを高くできます。

メーカー商品ページはコチラ (オリエンタルモーターWEBサイトへ移動します)
2相ステッピングモータPKPシリーズ カタログPDFはコチラ 

2相ステッピングモータPKPシリーズとギヤヘッドとの組み合わせ

2相ステッピングモータPKP24タイプ(取付42mm角)とギヤヘッドの組合せラインナップです。小型の優位性にギヤヘッドをつけることで、高分解能、対慣性駆動、高トルク、低振動が期待できます。
PKP24タイプ(取付42mm角)に組合わせることのできる4種類のギヤヘッドをご紹介します。

ギヤタイプ CSギヤードタイプ
(オリエンタルモーター)
SHギヤードタイプ
(オリエンタルモーター)
HPG遊星ギヤ
(ハーモニック・ドライブ・システムズ)
VRXF遊星ギヤ
(日本電産シンポ)
モータ PKP243標準・組合せユニット PKP243標準・組合せユニット PKP244高トルク・セパレート PKP244高トルク・セパレート
推奨ドライバ CVD223FBR-K CVD223FBR-K CVD223F2B◇-K CVD223F2B◇-K
励磁最大静止
トルク(N・m)
0.5~2.0 0.2~0.8 1.5~10 0.9~12.6
減速比 5,10,15,20 3.6,7.2,9,10,18,36 5,9,11,15,21,33,45 3,5,9,15,20,25
速度範囲(rpm) ~600 ~833 ~600 ~1000
取付け面形状 センターシャフト オフセット センターシャフト センターシャフト
特徴

CSギヤは平歯車の構成ですが、出力軸がセンターに位置するよう内部での歯車の位置をオフセットさせているのが特徴です。センターシャフト化することで使いやすさの向上、また平歯車でありながらSHギヤに対して2倍の許容トルクを発揮します。相対的に平歯車の構成ですので、コストも抑えられるメリットがあります。


SHギヤは平歯車のギヤヘッドです。従来まで最高速度 180r/minであったものを 300r/minに拡大させています。従来品に比べ、バックラッシが小さくなりました(≒1deg)モータと同一取付けサイズでトルクアップ、分解能アップ、振動対策に効果的です。

薄肉弾性歯車技術を遊星歯車減速機の内歯車へ応用した遊星歯車減速装置です。内歯車の弾性変形を利用し、調整機構なしで低バックラッシを実現した画期的な構造の遊星歯車減速機です。減速機寿命の範囲内でバックラッシの変化は ほとんどありません。バックラッシ3分以下、出力軸にはクロスローラベアリングを使用しており、高トルク容量、高荷重容量高モーメント容量なギヤヘッドです。フランジ出力タイプの用意もあります。

新設計の歯車と総コロ式構造により伝 達トルクアップ・瞬時許容トルクは多くのサーボモータ に対応する定格の350%まで対応。新しいはすば歯車の採用でさらに静音化・高性能グリースの採用でより高効率。漏油対策も万全ご要望の多いストレート軸 ( キー溝レス)を標準化・IP65 相当(オプション)
バックラッシ標準型:15分 / LB型:5分(10分) / PB型:3分の3タイプ
寸法 □42mmx96mm(1/10) □42mmx92.5mm(1/10) Φ40mmx121mm(1/9) □52mmx144mm(1/9)
特性図

ギヤの選定に関しては、出力軸がオフセットするものの、安価で分解能、低振動、低騒音を重視される場合はSHギヤタイプが最適です。
トルクも必要であればCSギヤタイプを、分解能、低振動、低騒音とトルクが必要な場合はVRXF遊星ギヤが有効です。加えてバックラッシや経年変化のない優れた
小型ギヤを必要とする場合、HPG遊星ギヤをお勧めします。

WEBショップ

◇高トルクタイプモータ:PKP244PD23A2 
◇推奨ドライバ:CVD223F2BR-K(取付プレート付ライトアングル)、CVD223F2B-K(取付プレート付)

CSギヤードタイプ・SHギヤードタイプは、WEBショップにて仕様比較が可能です!
CSギヤードタイプ≫ 
SHギヤードタイプ≫

※HPG遊星ギヤ(HPG-11B-09-J60タイプ)、VRXF遊星ギヤ(VRXF-9B-K-8AM8)と高トルクタイプモータの組み合わせについては、以下よりお問い合わせください。 

ダウンロードデータ

2DCAD
3DCAD
HPGギヤ
VRXFギヤ

・高トルクタイプモータPKP244PD23A2:リンク先のデータダウンロードをご覧ください  
・CSギヤード:リンク先にて品名選択後ダウンロードしてください 
・SHギヤード:リンク先にて品名選択後ダウンロードしてください 

※   オリエンタルモーターWEBサイトへ移動します


ページトップへ