オリエンタルモーター株式会社のグループ会社 / FA装置の駆動部品を扱う商社です

THK 電動グリッパ EGシリーズ

ダミーイメージ


【特 徴】

 ■ センサー不要αステップAZシリーズ組合せの電動グリッパ
 ■ LMガイドを搭載しているため、高い位置決め、安定した繰り返し動作
 ■ 電源遮断時でも把持力を維持
 ■ 多面取付け
 ■ 把持力:20N(EG28V)、102N(EG42V) 
 ■ ストローク:14mm(EG28V)、30mm(EG42V)

        

        

詳細はクリックしてください。≫

特 徴

αステップAZシリーズに搭載されたアブソリュートABZOセンサと、LMガイド搭載のEGグリッパ

<構造>
駆動は小リード送りねじを、案内部はLMガイドを搭載しているため、滑らか動作に加え、高い剛性を実現します。
小リードスベリねじと減速機構を組合わせ、小さなモータの駆動力で高い位置決めと把持力、安定した繰り返し動作に貢献します。
繰返し位置決め精度±0.01mm、把持力の設定を変えることで多様な把持が可能。
駆動はモータとスベリねじを組合わせた機構で開閉部が位置を維持する機構のため、電源遮断時においても把持力の維持が可能。
※手動で開閉解除できます。
本体の取付箇所を4面とし、それぞれに基準穴があるため、脱着に於ける繰り返し位置を容易に再現します。
<動き>
把持力・速度・位置を独立して制御が可能。目標位置までフィンガを高速で近づける位置決め運転と、低速でワークを把持する押し当て運転を組み合わせることで、変形しやすいワーク、傷の付きやすいワークを確実につかみ設定した把持力で保持します。ワークに与える衝撃を抑制しながらタクトタイムの短縮に貢献。

αステップAZドライバの座標情報モニタ機能により、ワークの大きさの判定が可能です。
αステップAZシリーズに搭載されたABZOセンサにより位置情報の確認ができるため、動作の開始や把持完了を確認するための外部スイッチが不要。
グリッパの動作範囲をドライバからの出力信号(TLC出力、AREA出力)によって確認することで、ワークの大きさや有無の判定をおこなうことができます。
電流制御により、把持力を細かく変更・調節できます。 繊細な部品から、滑りやすいワークまで、優しく、しっかり、 適切に把持します。
ダミーイメージ

αステップに搭載されるバッテリーレスアブソリュートエンコーダと、ドライバに内蔵された運転機能(結合運転機能、インデックス運転機能、押し当て運転機能)とTLC出力、AREA出力、座標情報モニタ情報を上位PLCに読み込むことでワークの大きさを測定することができます。

ラインナップ

シリーズ PHOTO 送りネジリード 把持力 ストローク(両側) 型式 ダウンロード 組付方法
2mm 20N 14mm EG28V-02-014-0-A+AZM24AK CAD  DXF 

2mm 102N 30mm EG42V-02-030-0-A-3984774+AZM46A0K CAD  DXF 

CAD、DXFファイルは右クリックで【名前を付けてリンク先を保存】からご利用ください。

基本仕様
  (青字品名クリックで価格と納期が見れます)

形式 EG28V-02-014-0-A+AZM24AK EG42V-02-030-0-A-3984774+AZM46A0K
ストローク(片側)[mm] 14(7) 30(15)
把持力[N] 20 102
把持力維持率[%] 95 95
加減速度[G] 0.1 0.3
移動速度(片側)[mm/s] 80(40) 140(70)
把持速度(片側)[mm/s] 6(3) 6(3)
ねじリード[mm] 2 2
減速比(ナット/LMガイドブロック) 9.25/14 14.2/20
繰返し位置決め精度[mm] ±0.01 ±0.01
バックラッシ[mm] 0.2 0.3
起動トルク[N・m] 0.006 0.01
走行寿命(把持回数)[回] 10000000 10000000
許容入力トルク[N・m] 0.07 0.311
質量[kg] 0.33 0.79
基本動定格荷重(C)[N] 2050 4440
基本静定格荷重(C0)[N] 2690 5080
静的許容モーメント[N・m] MA方向 7.33 17.4
MB方向 7.33 17.4
MC方向 12.5 36

 小型電動グリッパ EHシリーズ(把持力 2~25Nm)ラインナップがあります。

組合わせドライバ:制御機器(シーケンサ、PLCなど)にあわせてドライバをお選びいただけます。

ドライバタイプ DC24V/48V用
パルス列タイプ AZD-K
位置決め機能内蔵タイプ AZD-KD
RS485通信/パルス列入力タイプ AZD-KX
EtherNet/IP対応 AZD-KEP
EtherCAT対応 AZD-KED
PROFINET対応 AZD-KPN

◆パルス列入力タイプ
位置決めユニット(パルス発振器)からモーターをコントロールします。

◆位置決め機能内蔵タイプ
モーターの移動速度や位置(移動量)などを最大256点の運転データにして実行できます。上位との接続、制御はI/O、Modbus(RTU)、RS-485通信、FAネットワークいずれかでおこなえます。別売のネットワークコンバータを使用することで、CC-Link通信、MECHATROLINK通信、EtherCAT通信で制御できます。

◆RS-485通信付きパルス列入力タイプ
RS-485通信でモーターの位置、速度、トルク、アラーム、温度のモニタが可能です。

◆EtherNet/IPTM対応ドライバ
ネットワーク上からの直接制御が可能です。
上位制御機器とEtherNet/IP対応ドライバをEtherNet/IP通信ケーブル1本で接続するため、省配線を実現します。
AZシリーズEtherNet/IP™ 対応ドライバについて
>>

◆EtherCAT ドライブプロファイル対応ドライバ
ネットワーク上からの直接制御が可能です。
上位制御機器とEtherCAT ドライブプロファイル対応ドライバをEtherCAT通信ケーブル1本で接続するため、省配線を実現します。
 AZシリーズEtherCATドライブプロファイル対応ドライバについて>>

◆PROFINET対応ドライバ
通信ラインにAZシリーズのモーターを追加するだけで、制御可能です。
AZシリーズPROFINET対応ドライバについて>>

ページトップへ